東京オペラシティで開催された「アートがあればⅡ」展は9人の現代アートコレクターのコレクションに焦点を当てた展示会の会場構成及び会場デザイン。700㎡のギャラリーの中でそれぞれのコレクションの「色」が交わることのないように構成されている。中央に配置された高さ5mの展示室をシフトさせることによりサイズ・形態ともに多様なアート作品との距離を確保できる空間を提案している。

Place: Tokyo Opera City Art Gallery
Time: July 13 – September 23, 2013
Floor Area: 700sqm
Photos by Keizo Kioku木奥惠三
All images © KIAS

"Why not live for Art? Ⅱ" exhibition at Tokyo Opera City Art Gallery introduces 200 pieces of contemporary art collection from 9 art collectors. The exhibition design aims to highlight "color" of each collection that is exhibited in 700sqm gallery space. 5m high Art Room was installed in the center of gallery rotating 8 degrees in order to house art works that varies in size and form.

イシダアーキテクツスタジオ株式会社

150-0033 東京都渋谷区猿楽町30-8 ツインビル代官山B-701

Twin Bldg Daikanyama B-701

30-8 Sarugakucho Shibuya, Tokyo
TEL    +81 (0)3-6455-0350
FAX    +81 (0)3-6455-0351

MAIL    studio@kias.co.jp

一級建築士事務所 東京都知事登録 第58204

Tokyo Architectural Office Registration No.58204

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon